人気ブログランキング |

猫camera街カメラ、ちょっと旅かめら

necocamera.exblog.jp
ブログトップ

タグ:湯布院 ( 4 ) タグの人気記事


2006年 12月 24日

湯布院=二本の葦束(4)

師走の忙しさに負けて、ほぼ1ヶ月休んでしまいました。
いや、毎日アップしている人ってホント偉いですねえ。

二本の葦束・完結編、温泉の巻...です。

b0079037_2220484.jpg

二本の葦束には、いくつか風呂がありますが、すべて貸し切りです。
その中でも一番人気の大露天風呂で朝風呂を楽しむべく、
朝日に照らされた坂を登って行きます。
b0079037_22244690.jpg

脱衣所は、可愛い藁葺き小屋。
期待が膨らみます。
b0079037_22254699.jpg

そして、湯気と木漏れ日が煌めく露天風呂へ...
b0079037_22284574.jpg

本当に気持ちいい露天風呂です。
私の「生涯気持ち良い風呂5本指」に入る事間違いなしの、
い〜お湯でした。

さて、湯上がりには坂を降りた休憩処で一服。
b0079037_22335664.jpg

小さな缶が自由に飲めます。
うれしい心遣いです。

b0079037_22351219.jpg

すっかり、リラックスする義父。
いい感じです。

いい人、いい食、いい風呂、いい部屋、
最高のお宿、二本の葦束でいい親孝行ができました。
b0079037_22434381.jpg


by occhee | 2006-12-24 22:47 |
2006年 11月 26日

湯布院=二本の葦束(3)

二本の葦束、お食事レポートです。
b0079037_1832841.jpg

二本の葦束では、食事は専用の離れで頂きます。
夕食時、明かりに群がる虫のように、
宿泊客がわらわらと集まってきます。
b0079037_1872491.jpg

義父の膝の調子が良くないとメールで知らせていたので、
個室のテーブル席が用意されていました。
さすがの気配りです。

b0079037_1895179.jpg

さて夕食は、野菜を中心としたヘルシーなもの。
名物「田舎の煮物」は、
大ぶりの野菜をすべて異なる味付けで煮込んだもの。
ゲキウマです。
b0079037_18134726.jpg

次は「おでん」
ほんとに、シンプルに美味しい料理です。
b0079037_18164948.jpg

そして、ステーキサラダ。
やわらかい豊後牛とおいしい野菜のハーモニー、
すでに相方と義父は満腹寸前です。

b0079037_18201745.jpg

そして野菜の天ぷらです。
他にも岩魚の焼き物も出て、本当に満足、満足。
和食っていいなあ、とつくづく思うディナーでした。

---------
明けて翌朝。
朝風呂でお腹を空かして、いざ朝食へ。

朝ご飯は、気分を変えようと大部屋の座敷でお願いしました。
(義父の膝も調子が良くて...)
b0079037_18242355.jpg


女将さんが書いたというランチョンマットは、
それぞれ違う文面で、ちょっとしたお土産になります。
さて頂きます、というところで、ふと気づきました。
おっ!
よく写真をご覧ください。
お箸が左に置かれています!!

実は夫婦揃って左利きなのですが、
昨晩の様子を見て、気付かれたようです。

特に、その事を口に出すでも無く
あたりまえのように心配りをしてくれます。
サウスポーに生まれて30数年、
初めての出来事でした....

b0079037_18392280.jpg

そして料理の方は、野菜中心とはいえボリュームたっぷり。
もちろん、御飯は3杯お替わり、
みそ汁も2杯お替わりで、大満足の朝食でした。

次回は、温泉レポートです。

by occhee | 2006-11-26 18:46 |
2006年 11月 19日

湯布院=二本の葦束(2)

さて、湯布院のお宿・二本の葦束「戸田邸」の続編

b0079037_15533344.jpg

居間の奥には、和室がありました。
10月中旬でコタツは早いのでは?と思いましたが、
山の夜は結構寒く、重宝いたしました。
b0079037_15553338.jpg

和室のレトロな窓越しに、通り庭の家具が見えます。


さて、ほっこりしたところで、邸内探検です。
玄関の正面には座敷があります。
他にベッドの寝室があるのですが、
我々夫婦はここに布団を引いてもらいました。
(すでに寝転んで乱れましたので写真は割愛)

b0079037_1602520.jpg

玄関を居間と逆の右に行くと2階への階段。
その下に可愛い洗面があります。

b0079037_162715.jpg

戸田邸にはお風呂はありませんが、
このような可愛い洗面が2箇所あります。
(もちろんトイレもあります)


さて2階、というよりも中2階ほどの位置にベッドのある寝室があります。
b0079037_165766.jpg

屋根裏っぽい雰囲気でいい感じでした。
せっかく旅館なので、「畳で布団」で寝たいと思い、
使用しませんでした。
それではもったいないので、チェックアウト前に10分ほど昼寝しました。

b0079037_168099.jpg

更に階段を少しあがると、天井の低い屋根裏部屋があります。
b0079037_169187.jpg

赤い床の間が印象的、心地よい囲われ感の素敵な空間。
立派なイビキを披露する義父どのを監禁するのに最適なお部屋でした。

次回はお食事+温泉レポートです。

by occhee | 2006-11-19 16:21 |
2006年 11月 04日

湯布院=二本の葦束(1)

10月の中旬に湯布院に行って参りました。
b0079037_12204370.jpg

天候に恵まれた週末。
「親孝行だから」と理由を作り、
湯布院屈指の高級なお宿「二本の葦束」へ。
b0079037_12241993.jpg

「二本の葦束」は、古民家を移築した離れが自慢のお宿、
その中でも大きい「戸田邸」に宿泊です。
b0079037_12261780.jpg

ゆるやな南斜面に離れが点在し、
それぞれに趣向をこらしたアプローチを持っています。
b0079037_12285899.jpg

こんな家に住めたらなあ、と期待に胸膨らまし...
いざ、お部屋へ。
b0079037_1230819.jpg

「広いっ!」
もと豪商か豪農?と思われる戸田邸。
さすがの玄関です。(←よくわからんコメント)
b0079037_12324068.jpg

さて、玄関から左に入ると居間です。

b0079037_12335614.jpg

「天井、高いっ!」
骨太の構造を表したダイナミックな吹き抜けはホントに気持ち良いです。
天井高いけど、落ち着く空間です。

b0079037_12383866.jpg

吹き抜けのある居間の、窓際にかわいいキッチンがあります。
b0079037_12403595.jpg

設計を生業をしている私の常識としては、
居間の窓際にキッチンなど、あり得ないレイアウトなのですが、
このカウンターに座って眺める風景の素晴らしい事!

b0079037_1243398.jpg

こんなキッチンなら、私も相方を手伝うかも...

b0079037_12471268.jpg

ホントに素敵な「戸田邸」、
レポートはまだまだ続きます....

by occhee | 2006-11-04 12:55 |