人気ブログランキング |

猫camera街カメラ、ちょっと旅かめら

necocamera.exblog.jp
ブログトップ

タグ:奥入瀬 ( 4 ) タグの人気記事


2007年 07月 08日

青森〜十和田の旅4

朝のうちにブログをアップしようと若干早起きしたら、
すかさず、はーちゃんの「かまってくれ攻撃」にメロメロ。
b0079037_1058399.jpg

最近夜が涼しく、快適な朝を迎えているようです。
はーちゃんと、熱烈な抱擁を繰り返していると、ふと冷たい視線が...

b0079037_1113880.jpg

こちらもケアをしなければ...
などと、ななちゃんともじゃれ合っているうちに、
早起きがフイになってしまいました。
-----
さて、東北旅行記は最大の目的「奥入瀬散策」に突入。
b0079037_1134345.jpg

奥入瀬には、過去2回行きました。
2回とも感動したので、是非家族にも見せてあげたいという気持ちで、
今回の行き先を奥入瀬にしました。
b0079037_1161711.jpg

奥入瀬は、十和田湖から流れ出る小川の脇にある散策路で、
車道と並走して数kmの距離があります。
b0079037_1183282.jpg

独特の「薄めの緑」の包まれた散策路を歩きます。
本当に爽快感のある自然です。
これは、ここでしか味わえないと思います。
b0079037_11111869.jpg

倒木の上に苔がむし、また樹が生えて...
悠久の自然のサイクルに思いを馳せます。
b0079037_11125621.jpg

新緑の奥入瀬渓流は、透明な水を豊かにたたえて、
ゆるく静かに、また激しく流れています。
見ていて飽きる事がありません。
b0079037_1115666.jpg

今回は、親を連れていったので、車を停めながらの
「ポイント散策」でした。
(それでも満喫できましが...)
次に行くときは、完全装備で踏破しようと、
誓いを結ぶ「体力夫婦」です。
b0079037_11181473.jpg

さて有名な名所「銚子大滝」にて散策終了。
私が、なぜ大阪から飛行機を使ってでも1泊旅行の先を奥入瀬にしたか、
相方も両親も、納得して感動してくれました。
よかった、よかった。

b0079037_11323969.jpg

「私も感動したいなあ...」

by occhee | 2007-07-08 11:34 |
2007年 07月 01日

青森〜十和田の旅3

5月末、青森の早朝は結構風が冷たくて、
歩いているうちに、頭がシャキッとしてきます。

b0079037_1117262.jpg

ホテルから湖畔へと森の中を下って行きます。
昨日、車から見た美しい木々が目前に広がります。
大台ケ原等の濃密な緑ではなく、独特の薄めで爽快感のある緑。
ここまで来て良かった、と思う瞬間。

b0079037_11191534.jpg

湖畔に着くと、湖面に突き出した桟橋におじさんが二人。
なんか絵になります。

b0079037_11241860.jpg

ここからは湖畔に沿った散歩道。
優しい緑と透明な湖水。
ほんと癒されます....

b0079037_1125339.jpg

十和田の人たちは本当に自然を大事にしているのでしょう。
普通の散歩道が、こんなに手つかずに見えるぐらい綺麗に自然が維持されてるのですから...

b0079037_1127414.jpg

名も知らぬ可愛い花が出迎えてくれます。

b0079037_11282776.jpg

まだまだ散歩道は続きますが、15分程歩いた所にある小さな礼拝堂で折り返し。
30分の清々しい散歩でお腹も空いて来ました。
-----
さて、朝食は和と洋から選べます。

b0079037_1130486.jpg

私以外の3人は和食でしたが、ホテルっぽい朝食を食べたかった私は洋食を注文。

b0079037_11372328.jpg


普通に美味しい朝食。
明るい日射し。
ああ、平和だなあ.....

b0079037_1139637.jpg

焼きたてパンも忘れずに頂きました。
映ってませんが、大好きなコーヒーも勿論あります。

撮れませんでしたが大浴場の眺望も最高でした。
食事も眺めも散歩も、大満足のお宿。
十和田ホテルでした。

次回は、本当に涼しげな「奥入瀬特集」

b0079037_11461616.jpg

「大阪は、もう夏だね。」

by occhee | 2007-07-01 11:52 |
2007年 06月 24日

青森〜十和田の旅2

さて、十和田ホテルの夕食です。
b0079037_22101166.jpg

まずは前菜。
何種類もの「ひとくちサイズ」の前菜と共にディナーがスタート。
その後、冷製スープやお刺身など、ごちそうが次々と...
b0079037_2214668.jpg

メインは2つ。
和牛の陶板焼きと、スズキのポワレです。
美味しい上にボリューム満点。
両親は、すでにギブアップ気味...
b0079037_22164175.jpg

シメは蕗ウドン、いや〜さっぱりします。

いい気分で満腹+ほろ酔い。
気持ちよく就寝となりましたが、翌朝は頑張って早起きです。
といのも、部屋は湖に面した東向き。
日の出が非常に美しいとの事で、目覚ましは4時にセット。
b0079037_22203634.jpg

慣れない早起きに目をこすりつつ、
すこしずつ明るくなっていく空と湖面を見つめます。
待つ事、数分。ついにお日様が顔を出しました。
b0079037_22223617.jpg

日の出を見たのは何年ぶりでしょうか?
感動していると、更に美しい風景を十和田は見せてくれました。
b0079037_22241557.jpg

本当に自然っていいですねえ。
-------
その後ひと眠りして、今度は湖畔の散歩道へ。

by occhee | 2007-06-24 22:29 |
2007年 06月 17日

青森〜十和田の旅

5月の末、淋しがるハーを置いて、旅に出ました。
b0079037_18211414.jpg

「親孝行だ、許しておくれ...」

母親の古稀の祝いに、と
飛行機に乗って1泊で青森〜十和田を巡りました。

まずは、宿泊した「十和田ホテル」の紹介です。
b0079037_1824259.jpg

十和田ホテルは十和田湖の湖畔西側にあり、
幻の五輪のために、迎賓館として建てられたそうで、
非常に美しく、力強い木造建築です。
b0079037_18262248.jpg

現在は増築された新館に玄関が移されていますが、
旧館には当時の吹き抜け玄関や階段があり、
雰囲気充分です。
b0079037_18282514.jpg

階段際には図書室もあり、まったりとした読書も
趣きがあって良いものです。
(私はなぜかゴルゴ13を熱読してしまいました...)

宿泊した旧館の和室は、湖の眺望が素晴しく、
これだけでも来た甲斐があります。

b0079037_18305748.jpg

これは我々の宿泊した和室からの眺望ですが、
親夫婦にプレゼントした特別室は、更に素晴らしい。
b0079037_18321912.jpg

なんと、部屋の風呂からもこの景色です。
b0079037_18331626.jpg


ちょっと落ち着いて、今度は新館の探索です。
十和田の豊かな自然をイメージしたのか?
素敵な生け花がそこここに飾ってあります。
b0079037_18351339.jpg

そして、パンフレットにも良く載っているラウンジへ。
b0079037_18374977.jpg

すごく雰囲気が良く、スタッフの対応も素晴らしいホテルなのに、
あまり有名でないのが不思議です。

さて次回は、ホテルのお食事と「朝の醍醐味」を紹介します。
b0079037_18405022.jpg

しばらく、東北ネタで食いつなぎますが、
猫無しは寂しいので、サービスショット。
b0079037_184252100.jpg

「脇役はイヤ....」

by occhee | 2007-06-17 18:58 |